家族葬のうんちく東京

昨今の時代には昔と違い、居住地区の人がすべて葬儀に参列する等の事はなくなっており、家族だけで葬儀をすると言う形が増えてきています。東京のような都心であれば尚更です。田舎であればそういった付き合いがまだ有る所も有りますが、少し街側になると隣人の顔しか知らないといった付き合い程度しか有りません。会社関係や学校関係等も有りますが、故人の遺志や家族の希望も有り、家族葬を行う所が増えつつあるのも事実です。家族だけで故人との話や悲しみを共有する事で故人を送ると言う今風の葬儀が多くなっています。よく芸能人等の著名な人もそういった形式を望む形が有り、後は個人的にお参りに行く方のみのとなっています。マンション等で生活をされている方には至極当然の事でも有るのかも知れません。共有の通路等で会釈を交わすのみの希薄な付き合いの結果だとも言えます。

東京都内においての、家族葬のあり方

現在東京都内の各地区においては、近年の核家族化の増加傾向などの影響もあり、家族の間だけで執り行う家族葬を求める声が多いようです。やはり、ようやく個人の自分らしさを死後においても維持していこうという、主体性や個人の生前における意思を重んじようといった考えが、我が国日本国内においてもようやく定着をし始めた傾向によるせいなどもあるのかもしれません。こうしたこともあり、都内にある葬儀業者などではこの家族葬をはじめ、個人葬や身内葬など、ごく限られた葬式のプランを商品として扱うところも出てきているようです。また、葬祭場などにおいても公私問わず、このような小規模な葬儀を扱うプランなどの検討や商品化なども行うところも増えてきているそうです。生前においての自分らしさを東京といったこの地において死後も持ち続けていきたい、そうした試みも時代の流れといえるかもしれません。

家族葬は東京のような大都会で多い

家族葬は、東京のような大都市に多く見受けられる葬儀スタイルだと言えます。都市部では核家族化が進んでいて、地方でよく見られるような親戚付き合いもほとんどないケースがあるからです。家族だけでこぢんまりとした葬儀をするのは、経済的でもありますし、不況の時代にはかなり数が多くなってきています。さらに、最近の若い人たちは宗教と距離を置いている人が多いという点も、こうした葬儀スタイルが増加している原因の一つとして数えられています。今後も、近親者のみで行うコンパクトな葬儀は増えていくものであると考えられています。大々的に人を集めて、お金をかけて葬儀をすることは少なくなっていくことでしょう。これは世界的な潮流だということも出来ます。海外でも都市部においては、こうした流れが加速しています。都市部では場所に困るというのも、理由として考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です