東京でご家族だけの家族葬をするならば。

東京都内の一軒あたりの住民数は2人、というようなニュースがありました。これほどの少人数家族になってくると、もはや費用のかかる盛大なお葬式を行うよりも、コンパクト化していくほうがご遺族のご負担も少なくて済みます。また、故人もきっとひっそりと親しい方だけで送り出された方が喜ぶことでしょう。その様な事情を背景に、この10年程の間に家族葬は多くの方が執り行う葬儀の方法となっています。これは普通のお葬式に比べ、なんら大きな変わりはありません。あるとすれば会葬者の人数位です。家族葬を選んで葬儀をしてみたら、想定していたよりも多くの会葬者が訪問してくれた、という場合には後から人数の追加も出来ますから、まずはご家族や親戚、ごく親しい方のみで内輪の葬儀を静かに執り行うというのが今時のスタイルとして多くの方に好まれています。

家族葬をするなら東京の葬儀会社

現代の葬儀は家族葬が主流になっていますので、昔のように社葬や一般葬というのがだいぶ少なくなって来ているようです。それはこの葬儀がシンプルで費用が安いので、不景気である今の時代にはこのやり方が一番といえるわけです。東京という町にはそんな葬儀会社が豊富にあるところですので、依頼をするのであれば東京の葬儀会社というのは満足のサービスをしてくれます。家族葬では亡くなった故人のための葬儀をしてくれることや、無駄な遠い親戚などを呼ぶのではなく本当に親しい人たちだけで最後を見送るというプランになります。どんなことも最新である東京の葬儀会社であれば、残された家族が考える色々な葬儀に対応してくれるということも利点になります。無駄を省き本当にやりたい葬儀をしてくれる、そんな家族葬こそが今一番求められていることです。

地方出身者にとって東京での葬儀は家族葬が最適

地方出身者にとっては、東京で葬儀をする場合、家族葬が最適です。通常は、親戚縁者や会社関係の人など、縁の有った方にお知らせして葬儀を行います。しかし、地方出身者の場合、親戚は相当遠方にいらっしゃる場合が少なくなく、参列には相当の苦労が伴います。その方が高齢になればなるほど、なおのこと大変です。また会社関係の方も、日頃接触が少ない方の参列ということが多く、その方々へのご挨拶だけでも気苦労が大変で、ゆっくりと身内だけの時間を持つことができなくなってしまいます。このため、地方出身者の場合は特に、身内だけでじっくりとお別れの時間を作るために、家族葬を行うのが最適です。そして、会社関係の方や遠方の親戚には、後日お手紙で知らせれば足ります。この方々の中でお別れをしたいという方は、都合の良い時に折を見て訪ねてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*